家族や親類縁者、ごく親しい友人のみで執り行う家族葬によって、静かな雰囲気のなか故人を送るということが増えました。船橋市内の葬祭場の多くが、家族葬のプランを用意していますので、まずは参列の人数から、規模に合わせた最適なプランがある葬祭場を選びます。家族葬の場合、ご参列をお考えくださっているかたへのご辞退をお願いする連絡や、葬儀後のご挨拶状の作成など、気遣いが必要となりますが、葬祭場の多くで、文面の作成や発送の手配など、滞りなく取り計らってくれます。ご挨拶の文面もひな型がいくつか用意されていますし、発送のタイミングなども任せることができて安心です。連絡すべき相手の住所氏名だけは、もれなく準備しておくことが肝心です。船橋市においても、家族だけで故人を送るという方式自体、近年の傾向ですので、熟知している葬祭場の担当者にお任せするほうが安心です。

葬儀前の連絡は、書面よりも電話で

家族や親類縁者、故人のごく親しい友人のみ参列の場合、会社関係のかたや近隣で付き合いのあるかたに、参列ご辞退をお願いする連絡をしなくてはなりません。また、遠方のかたからの弔電やお香典のお断りを申し上げるのは、やはり電話ということになります。会社関係とご近所のかたには、代表になってくださるかたにお願いして、連絡網という形でお願いすると良いでしょう。やはり書面でお知らせする折には、故人の氏名、死亡した日を明記したうえで、故人の遺志で家族のみの葬送となること、会葬、弔問はご遠慮をお願いしたい儀を、失礼のないよう記載します。その際、お香典や弔電などのお心遣いも、ご辞退をお願いすることを書き添えておくと、あとあと安心です。葬儀前のお知らせは、家族が亡くなったばかりの悲しみと動転のさなかです。葬祭場の担当者に早めに相談しておくと良いでしょう。

挨拶状のタイミングは、それぞれの考え方で

葬儀後に、家族のみの式典だったことを伝える挨拶状は、投函のタイミングなど厳密な決まりはありません。葬儀の前に、すべての知人にあらかじめ家族葬であることをお知らせできれば良いのですが、亡くなってから葬儀までの数日間では、やはり難しいものがあります。最近では四十九日の法要後や納骨を済ませたあと、故人が他界したこと、葬儀をつつがなく終えたことを事後報告の形でお知らせするタイプの挨拶状が増えました。そういった、時期がだいぶあとになってしまった挨拶状では、本来、早めにお報せすべきだったことや、通知が遅くなってしまったことのお詫びの文章を丁寧に書き綴ります。こういった、事後報告タイプの挨拶状も、葬祭場の担当者にひな型を提示してもらったり、印刷発送の手配をお願いすることができます。故人がお世話になった方々や、遠方のご友人など、事後報告という形になったことが失礼とならないよう、気を配りましょう。船橋市の葬祭場は、駅の近くなど便利な場所にあるところが多いので、葬儀後の相談もしやすくなっています。