家族葬を行う時のデメリットとして、親戚縁者の理解を事前に得ていないとトラブルになりやすいということがあります。家族葬の形式は都会では随分と浸透してきましたが、地方ではまだまだ一般的な葬儀を行うのが当然といった風潮があることは否定できません。そのため故人がそれを望んでいても、生前に折衝していなかったために、結局一般的な葬儀を行わざる得なくなったという話もよく聞くものです。しかし都会の場合には、こういった地方と比べ理解が得やすい傾向にあります。参列者や親戚縁者が地方であったとしても、事情の違いとして理解してくれるケースが多いのです。それには参列者にかかってくる負担の大きさがあります。参列するだけで、かなりの負担を強いることになるからです。

家族葬を行う時にはしっかりとポイントを抑えた通知を

家族葬は「ぜひ参列してお別れしたい」という気持ちがある人をオミットしてしまう可能性があります。そこがデメリットでもあるのですが、船橋市のような都会になると、大掛かりな葬儀で参列をお願いするほうが相手にとってストレスということが起こりえます。不慣れな上京を強いることにもなりますし、日によっては宿泊施設が予約しにくい時もあります。また交通費なども割引がない時期であったりといったこともありますし、葬儀自体急なものですから、予約割なども見込めません。そういった理由をそれとなく明確にし、皆さまにご負担をかけないために小規模葬儀を選択したということが、船橋市のような都会であれば、納得していただきやすくなります。ぜひお別れしたいと考えている方に対しての思いやりでもあるでしょう。

小規模でもある程度の余裕をもって設定する

葬儀は故人との最後のお別れの機会です。いくら故人の遺志であっても、執り行う側の思いやりであっても、特に親しくお付き合いしていた親戚縁者の中には、「ぜひ参列したい」と願う人もいるものです。そういった方にご遠慮いただく通知をお出ししても、きっと寂しく思われることでしょう。そのようなお気持ちを傷つけないことも考え、心から「是非に」という方をお迎えするだけの余裕は作っておいたほうが無難です。船橋市であれば船橋市のことに精通している葬儀社に依頼しておくことで、アクセスなどを加味した会場やお寺の手配を行ってくれますし、若干交通機関や宿泊施設の繁忙期を避けるよう手配してくれることも可能です。ただし通知に「是非にという方は」と明記してしまうと、かえって「出席しないと不義理になるのか」と相手を迷わすことになりますので、あくまでもご遠慮いただく方向でかまいません。