お葬式というと一日目にお通夜、二日目に葬儀・告別式・火葬という流れで行い、親戚や知人、ご近所さんなど知り合いが多く集うのが一般的でした。しかし、近年では核家族化や少子高齢化が進み、親族とは離れて一人暮らしをしている高齢者や、晩年は施設に入っていたなどの理由であまりお葬式には参列者がいないというケースや、冠婚葬祭を華美にするのに抵抗があるという人も増えていることから「家族葬」という選択が多く取られるようになっています。これは、家族・親族だけでこぢんまりと執り行う形式のお葬式です。従来通り通夜と葬儀・告別式を二日に渡り行う形式も有れば、全て一日にまとめて執り行う形式もあり、需要に応じ形態も業者により多様化しているため、船橋市においても生活スタイルに合わせた形が見つけやすくなっています。では、家族葬の場合の服装はどのようにすれば良いのでしょうか。

服装マナーは一般葬とは違うのか

では、船橋市をはじめ全国的に増加している家族葬という葬儀スタイルでは服装はどのようなマナーがあるのでしょうか。まず、言えるのは一般葬と服装マナーは変わりません。男性は黒のスーツに黒ネクタイ、白ワイシャツ、黒靴下に黒の靴。女性は黒のスーツまたはワンピーススーツ、黒ストッキングに黒の靴、黒のハンドバッグにサブバッグを持ち込む場合も黒の無地です。アクセサリーは結婚指輪以外、男性の場合は時計程度で、時計も金色や宝石が入っているような華美なものは避けます。女性はパールの一連ネックレス、パールの一粒イヤリング、結婚指輪、地味な時計以外はつけてはいけません。髪飾りは黒無地の地味な物ならばOKで、できるだけ清潔感が出るように髪はまとめておくことが好ましいです。

家によってはそれほど厳格で無い場合もある

このように服装マナーについては、船橋市でも他の地域でも従来通りの葬儀の服装マナーと同じと考えて問題ありません。ただし、参列者は家族・親族のみなので、格式にこだわる家系でなければそれほどきっちりとした服装マナーを厳格に守らなければならないというわけではありません。会社が執り行う社葬や誰が参列するかわからないような大規模な葬儀の場合はマナーや格式を重んじて徹底して守らなければなりませんが、家族葬の場合は限られた参列者となるため、それほど厳しい家でなければそれほど気にしなくても問題ありません。とはいえ、男女共に喪服と呼ばれる黒スーツ着用や、女性の場合は膝が隠れる丈であったり、華美な装飾をつけない、また装飾のついた小物を使ってはいけないという最低限の服装マナーは守るのが葬儀の礼儀と言えます。